コタラヒムの効能

コタラヒムの効果

コタラヒムの効能として挙げられるのが、血糖値の上昇を抑えるということです。

 

血糖値の上昇を抑えるということは、コタラヒムが腸で糖の吸収を阻害することを意味し、特にコタラヒムは糖の中でもショ糖と麦芽糖という、単が2つ結合した二糖類に対して作用します。このコタラヒムが作用する二糖類以上の糖は、腸でブドウ糖に分解されてから体内へ吸収されるしくみになっていて、コタラヒムはこの糖がブドウ糖に分解する過程を阻害しています。

 

このように二糖類以上の糖を分解するα-グルコシターゼという酵素を阻害する作用がコタラヒムにはあるのです。

 

 

医薬品の中にも、α-グルコシターゼ阻害薬という薬がありますが、コタラヒムにはその薬と同じ作用があるといわれています。

 

 

コタラヒムには、腸で糖の吸収を阻害する、α-グルコシターゼ阻害薬と同じ効能がある