コタラヒムと糖尿病治療薬

コタラヒムと糖尿病治療薬

では、血糖値を下げるというだけであれば、α-グルコシターゼ阻害薬のような糖尿病治療薬でもできるかもしれませんが、コタラヒムには糖尿病治療薬にはないメリットがあります。

 

それはコタラヒムが非常に体にやさしいハーブであるということです。

 

糖尿病で血糖値を抑えることは重要なことなのですが、医薬品は効果が高い反面、「低血糖」というリスクもあります。

 

低血糖になると、血液中の糖が減りすぎて、脳の機能が低下してしまい、動機、発汗、手足のふるえといった発作が起きてしまい、意識障害におちいることもあります。そのため低血糖になりやすい場合は、常に砂糖や飴などを摂ることで低血糖を抑えるようにしなくてはいけません。

 

コタラヒムは二糖類以上の糖の吸収は抑えますが、ブドウ糖には作用しないため、体に必要な糖を十分に確保した状態で、血糖値をコントロールできるのです。

 

 

もう一つの特徴として肝臓への影響がないということが挙げられます。

 

これはコタラヒムに含まれるポリフェノールやマンジフェリンなどの抗酸化成分の働きによるもので、医薬品のα-グルコシターゼ阻害薬にはない特徴ともいえます。

 

・低血糖のリスクが少ない
・肝臓への影響がない

錠剤タイプのコタラヒムのサプリメントはコチラで販売しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

コタラエキス粒の公式サイト