糖尿病の症状

糖尿病の症状

 

糖尿病の症状には、高血糖からくる症状と合併症として起きてくる症状があります。

 

 

1.のどが渇き水分を多く採るようになる。

 

血糖値が上がるため大量の水分補給によって血液中の血糖値を下げようとするようになってきます。そのため排出も頻繁になりトイレが近くなるようになってきます。

 

 

2.体が疲れやすくなる

 

頻繁に尿を出すことで細胞や筋肉の働きに大切なミネラルや食塩も体外に排出することになってしまいます。そのため脳に血液が充分行き届かなくなり疲れやすくなってきます。

 

 

3.食欲が旺盛になる

 

インスリンが過剰に出るため食欲が過剰になる症状が表れます。糖尿病が悪化してくると食欲があるのに体重は減少してくるという症状が出てくるようになります。

 

 

4.からだがむくんでくる

 

症状が進んでくるとタンパク質が尿と共に排出されるようになり、腎機能の低下からからだがむくんでくるようになります。

 

 

 

糖尿病による合併症

 

 

1.目が悪くなる

 

網膜症や白内障を引き起こし、物が見えにくくなったり、二重に見えたりするようになってきます。

 

 

2.手足のしびれや痛み

 

針で刺されたような痛みを感じたり、手足に熱さや寒さを感じなくなり、手足の寒さと体の暑さの感覚が崩れてきてしまいます。

 

 

3.歩くのが困難になる

 

手足の筋肉の衰えにより歩くのが困難になったり、足がつるような症状が表れます。