糖尿病のタイプ

糖尿病のタイプ

 

タイプは主に次の4つに分けられ、それに対しての予防や治療が必要です。

 

 

1.1型

 

膵臓のインスリンを作る細胞が破壊され、体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。子供の内に始まることが多いタイプです。

 

 

2.2型

 

インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがあります。中年以降の発症例の多くはこの型で、インスリン分泌低下をきたす複数の遺伝的素因、さらに過食、肥満、運動不足、ストレスなどの生活習慣を含む環境因子、及び加齢が加わり発症します。日本での95%以上はこのタイプです。

 

 

3.遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの

 

遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって引き起こされるものや、薬剤が原因となる場合もあります。

 

 

4.妊娠糖尿病

 

妊娠中に発見されたもので、新生児に合併症が出ることもあります。